FC2ブログ
2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

和室の嵌めも良いもの(憚り画像)

 【03//2017】

和室の嵌めも良いもの(憚り画像)

大人の談話室 adult loungeへお越しいただき有難うございます。
今回、憚らせていただくのは、某温泉郷へ嵌め旅行へ行った時の
もです。

和室の宿泊は、何年ぶりだったでしょうか?思い出せない位です。
畳の上に敷かれた布団の場合、ベットとは違い足場がシッカリして
いて嵌めは最適でした~
ご紹介を兼ねて憚らせていただきます!

今回、牝に履かせている下着は、トリンプ製 「 Triumph desir
後ろは、紐の幅しかないのでTバックと言うより、Gストリングかも
知れませんね~
syasushi0100.jpg

フロントはこんな感じ              バックは縦紐一本って感じです
syasushi0101.jpg  syasushi0102.jpg

でか尻を覆い隠す布は、ほぼ無いので大きさが目立ちます~
syasushi0103.jpg  syasushi0104.jpg

オルガスターをグイグイ締め付けます!     陰核も良い成長度合いです!
syasushi0105.jpg  syasushi0106.jpg

定番のズラシ嵌め、足場が安定していると力一杯突き上げることができます。
一方、受ける牝は力の逃げ所がないので、己の体で全てを受け止めなければ
なりません。
大きな喘ぎ声は、お隣さんへダダ漏れだったと思います。
syasushi0107.jpg  syasushi0108.jpg
是非、皆さんも、和室の嵌めも良いものなのでお試しくださいね~

その他の別館入室には、パスワードが必要になります。
パスワードは、掲載記事に対して定期的にコメントをいただいた方で希望される方へ発行いたします。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

Category: 憚り

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

春らしくマゾ牝らしく性に溺れる(憚り)

 【28//2017】

春らしくマゾ牝らしく性に溺れる(憚り)

大人の談話室 adult loungeへお越しいただき有難うございます。
心優しリクエストもいただき、公開準備が相整いましたので少し憚らせて
いただきます。

今回、マスク・マゾ牝に履かせているTバックショーツは、ワコール サルート
ローズボールです。
薔薇のシーズンは5月から6月ですが、早い物は4月ごろから咲き始めます
この薔薇のモチーフは、公開タイミング的にいいかも知れませんね~
syasushi0092.jpg  syasushi0093.jpg

マス・マゾ牝の恥丘に咲く薔薇、その下にある女性器も受精を待つ花ですね!
タップリと蜜が蓄えられるようローターで刺激を与えております。
syasushi0094.jpg  syasushi0095.jpg

蜜壺に納まらなくなった蜜は溢れ出し、淫靡な香りが漂いマス・マゾ牝が
マゾの自覚を高めていきます。
syasushi0096.jpg

極太ディルド(アラブLL、全長21cm 最大径5cm)での自慰です。
理性は完全破壊され、恥じらいの欠片すら無くなり、快楽に全てを支配
されてしまった姿です。
でか尻の体だからこそ、カリ高の極太ディルドでの高速ピストンも可能な
のかも知れませんね!無我夢中、マス・マゾ牝として相応しい光景です~
syasushi0097.jpg  arab.jpg

ノドの使い方を覚えて、口マンコになります。
根元まで深く飲み込むには日々の鍛練は欠かせません。 
最後は、生チンポのガン突きで昇天させてやります。
今後も、ありのままのマゾの姿を曝け出せるようマス・マゾ牝を育ててい
きたいと思います。
syasushi0098.jpg    syasushi0099.jpg

その他の別館入室には、パスワードが必要になります。
パスワードは、掲載記事に対して定期的にコメントをいただいた方で希望される方へ発行いたします。

Category: 憚り

Comments (6)Trackbacks (-) | トップへ戻る

クリキャップL実践編 (憚り画像)

 【22//2017】

クリキャップL実践編 (憚り画像)

大人の談話室 adult loungeへお越しいただき有難うございます。
前回の憚り記事で書かせていただきましたが、クリキャップLを購入
しました。
今回は、クリキャップL実践編で少し憚らせていただきます。

前回と同様に、クリキャックM装着時とL装着時を並べて画像アップ
させていただきます。
装着したキャップの凹みで分かると思いますが、どちらも、シッカリと
キャック内の空気を抜いてから装着させています。
陰核はキャップ内にピッタリと吸い込まれております。

右:Mサイズ、左:Lサイズ
syasushi0087.jpg  syasushi0088.jpg

フェラと言うか、もうイラマチオですね~
根元まで飲み込ませて喉で締めさせないと感じないです。
教え込ませるのに時間を要しますが気持ち良さはハンパないです。

syasushi0089.jpg  syasushi0090.jpg

最後にやはり定番のでか尻です~
ローターが透けて見えるくらいのパンティもよいものです。
Gストならではのアナルのシワ見えです。
syasushi0091.jpg

その他の別館入室には、パスワードが必要になります。
パスワードは、掲載記事に対して定期的にコメントをいただいた方で希望される方へ発行いたします。

Category: 憚り

Comments (8)Trackbacks (-) | トップへ戻る

POWER UP (憚り画像)

 【10//2016】

POWER UP (憚り画像)

大人の談話室 adult loungeへお越しいただき有難うございます。
前回の憚り記事で書かせていただきましたが、クリキャップLを購入
を考え、今回、予定通り購入しましたので、ご報告を兼ねて憚らせ
ていただきます~

先ずは、もともと所有していたクリキャップMとの比較をして見ました!
並べると、やはり大きさの違いは歴然ですね~
第一の目的は、吸引力アップです。
ネットでググルとMサイズの方が吸引力は高いみたいなコメがあり、
チョット不安な部分も有りです。
第二の目的、クリトリス径アップ、既にMサイズの内径の大きさに育っ
てしまったので内径アップです。
Mサイズが内径6mmに対しLサイズは8mmです。
クリトリス径が8mmに育てば陰核包皮を左右に押し開き包皮内に納
まるのは不可能でしょうね!

撮影は見送りましが既に1度、使用しました。
Mサイズには暫く休んでいただきLサイズの効果を見ていきます~

左:Mサイズ、右:Lサイズ、色合いもチョット違います。
syasushi0075.jpg  syasushi0076.jpg

その器以上に大きくなれませんのでアップです。 ご奉仕フェラ中もクリキャップ装着です。
syasushi0077.jpg  syasushi0078.jpg

先出し公開、NEWパンティー、メーカー:ACOUSMA
可なりの透け具合です~中に忍ばせるローターもよく分かりますね!

syasushi0079.jpg  syasushi0080.jpg

その他の別館入室には、パスワードが必要になります。
パスワードは、掲載記事に対して定期的にコメントをいただいた方で希望される方へ発行いたします。

Category: 憚り

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る

性欲を注ぐ穴 (憚り画像)

 【12//2016】

性欲を注ぐ穴 (憚り画像)

大人の談話室 adult loungeへお越しいただき有難うございます。
またまた、前回の憚り記事から時間が空いてしまいましたね~
素晴らしい投稿者が多い事とSやすしの画像整理下手の二つの
要素でこうなちゃいます!

また、憚りリクをくださる方々には、恐縮しながらも大変ありがた
い事であり感謝いたします。
今回は、性欲を注ぐ穴と言うことで、熟穴を中心に憚らせていた
だきます。

最後に、ご報告ですが諸事情により、予定から1か月余り遅れて
しまいましたが、マクス・マゾ牝への避妊リング装着が完了いたし
ました。
今晩が避妊リング装着後の初嵌めになりそうです。
濃厚なザーメンを多量の子宮内に注ぎ込みたいと思います~

今後、生嵌め、中出しで性欲を注ぐ穴を陰核ともども育てて参りま
す。

定番ポーズは、やはり記録してしまいます!
syasushi0073.jpg  syasushi0074.jpg

でか尻は、やはりバック嵌めがいいですね~
syasushi0067.jpg  syasushi0068.jpg

陰核拡大には、もっと吸引力を上げた方がよさそうです。
現在、クリキャップの中なので大を購入し吸引力アップを計画したいです

syasushi0069.jpg  syasushi0070.jpg

芳醇な香りは男を誘います~ 大きな陰核は使い勝手がいいですね!
syasushi0071.jpg  syasushi0072.jpg

その他の別館入室には、パスワードが必要になります。
パスワードは、掲載記事に対して定期的にコメントをいただいた方で希望される方へ発行いたします。

Category: 憚り

Comments (10)Trackbacks (-) | トップへ戻る